長崎宏子の夫は今話題の「あの人」だった!その結婚と不倫 | 情報カフェ

長崎宏子の夫は今話題の「あの人」だった!その結婚と不倫

長崎宏子さんと言えばかっての「若きオピンピア・スイマー」ですが
その長崎宏子さんの名前がちょっと話題に上っていますがどういうことでしょう。
その真相「長崎宏子の夫は?その結婚と不倫」をレポートします。

長崎宏子さんとは

  • 長崎 宏子(本名 春日 宏子)
  • 生年月日:1968年7月27日
  • 出身地:秋田県秋田市

1980年に当時小学生として初のモスクワ五輪代表となるが日本のボイコットにより出場はならず、ロスアンゼルス五輪において平泳ぎで入賞を果たす。
トップアスリートー・国際オリンピック委員会選手委員等の業績を活かし水泳教室や講演会でも活動中。
1995年に共同でスポーツコンサルティング会社「ゲンキなアトリエ」を設立。
1998年には「長崎宏子のベビーアクアティクス」も設立し「子育てスイミング」などを広く推奨する活動を行い盛況となっている。

ちなみに若き現役時代のお姿がこちら

長崎宏子さんの夫

上記「本名」の通り、春日良一さんが長崎宏子さんの夫です。
最近テレビ等で主にオリンピックについて「ちょっと強面で鋭い分析」をする
「あの方」です。これはちょっと驚きですね。
坂上忍さんも3月25日放送のフジテレビ系「バイキング」において以下のような
流れでびっくりしていました。

春日「実は私の連れ合いも元五輪選手なんですけど…」
(共演者「長崎宏子さん」)
坂上「ちょっと待って!春日さんの奥さんって長崎宏子さんなの?」
春日「今そうです」
坂上「えぇ!そうなの!えーー!」

春日良一さんはこんな方

  • 春日良一
  • 生年月日:1955年6月22日
  • 職業:スポーツコンサルタント
  • 最終学歴:上智大学文学部哲学科卒

同大学を卒業した1978年に日本体育協会に入り1991年3月まで在籍。

1991年4月には日本オリンピック委員会メンバーとなり(1995年5月まで)
国際業務部参事として世界を股にかけ活躍。
1998年の長野オリンピックにおいては招致委員会に参加し渉外参事として招致の成功
まで導いた。
通算としては5大会においてオリンピック日本代表選手団本部員に名を連ねた。

不倫?結婚にいたる経緯は

そんな長崎宏子さんと春日良一さんの「出会いの場」は
赤 1992年に現役を引退した長崎宏子さんが日本オリンピック委員会に勤務した
ことにより同委員会であったよう、その後の1995年、長崎さん27歳・春日さん40歳の
と時に結婚されたそうです。

ところがこの結婚、どうやら「略奪婚?」「不倫?」などの不穏な雰囲気があったのでは?とささやかれています。

というのは

「1995年 2人が日本オリンピック協会(JOC)を退職

というのが事実なのですが結婚と同時に職場で気まずくなったためのようです。
そして春日さん(当時既に妻子あり)がJOCを退職した翌日に長崎さんとの婚姻届を出したとのこと、その13日後には長崎さんが長女を出産

詳細は2人のみが知るところですが、こういった事実関係だけを見ると「不倫略奪婚」
と言われてしまっても仕方がないところかもしれませんね。

ネットの声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする